« 古今亭駒次と旅に出る | トップページ | 忠臣蔵 »

古今亭駒次と意味も無く夜古河に出掛ける

全ての行動に意味なんて無いのだよ。

ああ、国鉄車輪

本来の目的は489系に単純に乗りたい!と言う所から始まりました。

なにしろ私の生まれる前から特急車両としてバリバリ走っている電車が普通乗車券で¥500払うだけで1時間乗ってられるのですから嬉しいじゃありませんか!しかも普通席も指定席もグリーン車も分け隔てなく早い者勝ちで。夢のようであります。古河に行く理由などないのです。単純に乗るだけの為の電車旅。
『ホームライナー古河』バンザーイ!


ああ、国鉄車輪

この列車の凄い所は今は断線してしまいましたが横川~軽井沢間の急勾配を登れるように改造してある所だそうです。機関車をくっつけられるように本来の形と違って正面に連結器が見えます。恐らく平地を走る同型の列車より足腰が強いと思われます。調べてないから分かりませんけど。

それにしても貫禄のあるいい形です。

ああ、国鉄車輪

急行としてあるのは快速運転で古河まで行った後また上野に帰ってきて今度は夜行急行『能登』として上越線回りで金沢まで走るからです。高齢なのにご苦労なことです。

ああ、国鉄車輪

早速撮影に掛かる駒次さん。

ああ、国鉄車輪

撮影のポイントがよく分からないんですけどひたすら熱心に撮り捲くります。

ああ、国鉄車輪

そして何かをまた記録。

ああ、国鉄車輪

いいデザインは年が経っても落ち着きます。特急乗ったーって実感が湧いて何か充実感が有りますね。最近のはどうも薄い感じでイケマセン。

古河まであっという間の1時間!イヤー満足満足。

そして同じ時間をかけて上野へ。

ああ、国鉄車輪

この笑顔が今回の旅の全てを物語っております。

そのうち何か感想が載るかもしれません。駒次さんのブログ・・・

コマジノソーシもチェックしてみて下さい。

|

« 古今亭駒次と旅に出る | トップページ | 忠臣蔵 »

三遊亭時松」カテゴリの記事

コメント

http://www15.wind.ne.jp/~joden/dehachirashi.pdf

是非 貸切列車で落語会を...

投稿: 広馬場 | 2009年12月20日 (日) 20時50分

だいぶ遠方ですね…。小手調べに
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/toden/kanren/kashikiri.html
あたりは如何でしょう?

投稿: 三遊亭時松 | 2009年12月20日 (日) 22時53分

車窓から飛び込む騒音、噺の方は大丈夫でしようかね..

投稿: 広馬場 | 2009年12月21日 (月) 15時13分

フフフ…、落語をするかは分かりませんヨ。

投稿: 三遊亭時松 | 2009年12月21日 (月) 22時47分

まさか白塗り..

投稿: 広馬場 | 2010年1月 1日 (金) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭駒次と意味も無く夜古河に出掛ける:

« 古今亭駒次と旅に出る | トップページ | 忠臣蔵 »