« 高輪プリンス | トップページ | アクセス »

馬るこが毎日新聞で紹介されました

馬るこが毎日新聞で紹介されました
昨年末のカウントダウンとDVDの宣伝が毎日新聞に紹介されました。
毎度お馴染みの無断転載です。

当世お笑い帳 15

鈴々舎馬るこ
"新しい笑い"の夢実現へ挑戦次々と

昨年の大みそかの夜、落語家の鈴々舎馬るこ(29)は東京・神田神保町のらくごカフェで「百ハつ小噺カウントダウン」に挑んだ。作りためたネタを次々と披露。その数は日付が変わる直前、108に達した。
最初は漫才師として、お笑いの世界に入った。「好きなダウンタウンさんのように、新しい笑いを生み出したかった」。だが、全くうけない。相方が変わっても、うけないことは変わらなかった。
そんなころ、鈴々舎馬風の落語に出合った。「会場の空気は温かくて一体感がある。そして、うけている。伝統技術に裏打ちされたものは素晴らしいと思いました」
2003年、馬風に入門。師匠には「名前は『馬刺し』だ」と言われたが、「おかみさんが『馬るこ』というかわいらしい名前を付けてくれました」。
"新しい笑い"への夢は変わらない。「落語家の事務所を設立して、ラジオ番組を作ったり、若手のコンテストを開いたりしてみたい。それがダメなら、吉本(興業)に入れてもらおうかな。アイデアはたくさんありますから」
夢への一歩として「らくご社」という名称を掲げてDVD「落語いいとこ撮り!」を自主制作。2月24日に発売する。「テレビ局の人らに『よろしくお願いします』と名刺を渡すより、自分のプロモーションになるものを渡した方がいいじゃないですか」
「このDVDが売れたら、一門の大先輩であるベテラン漫才コンビ、あした順子・ひろし先生のDVDを出したい。ひろし先生は6月で米寿(88歳)なので、DVDのジャケットはベージュ色にしようかな」
【油井雅和】

★馬るこ情報★
DVD「落語いいとこ撮り!」発売記念落語会=(1月)21日午後7時半、らくごカフェ。馬るこ、林家たけ平、三遊亭時松。問い合わせは03・6268・9818へ。
=毎週木曜日に掲載

早速、読んでいただいたお客様から「米寿の人はベージュ色に意外と傷付くんだよ」と教えていただきました。
違う色での発売を考えます!!!!

|

« 高輪プリンス | トップページ | アクセス »

鈴々舎馬るこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬るこが毎日新聞で紹介されました:

« 高輪プリンス | トップページ | アクセス »