« こみち結婚であけおめ | トップページ | 一門新年会 »

怒涛の年末年始でした

怒涛の年末年始でした
馬るこにとりまして、二ツ目になって一番忙しかった年末年始でした。

12/27(日)
早朝寄席・上野鈴本演芸場
入船亭扇里 「ねずみ」
三遊亭司 「宗論」
三遊亭歌太郎「転宅」
鈴々舎馬るこ「死神」

2009年最後の早朝寄席は人が死ぬ話で締め括りました。
全体的にコント仕立てで、死神のキャラはDEATH NOTEのリュークとデーモン小暮閣下をモチーフにさせていただきました。

終演後赤坂に移動。
師匠の息子さんが出演するサックスのライブへ。
かっこいいわあ。

夜中から明け方まで年賀状を書くが終わらず。

12/28(月)
師匠馬風宅の大掃除。
師匠部屋の机の上には、薬だの本だのルーぺだの様々なものが乗っていますが、勝手に手を触れてはいけないことになっています。
机の周りも、アルバムだのジャイアンツのDVDだのが置いてありますが、勝手に手を触れてはいけないことになっています。
ものの位置が変わってしまうからです。

しかし大掃除のこの日だけは、一度全部どかして掃除をしなくてはなりません。机の上のテーブルクロスも替えなくてはいけません。

戻した時に位置が変わってると、後で「あれはどこに行った!」「これはどこに行った!」と怒られます。

毎年のことなので、いわば年末の風物詩と化していました。

「大掃除をした後は机の上の物の位置が変わっていて師匠に怒られる」
ということに誰も何の疑問も差し挟まない状況になっていました。

これではいかんと思い、文明の利器「写メ」であらゆるものの位置を撮りまくり、物を移動させる時は、
別の部屋に元あった状態と全く同じ状態に置き、掃除をした後に全く同じ状態に戻せば、全く同じ状態になると思っていた矢先に、
兄弟子が机の上の物を適当にバスバス下ろし始めたので

「ストォップ!!ストォォォォォップ!!!!」

と両足タックルで食い止め、写メで撮影。

「全く同じ状態で隣の部屋に置きますよ。いいですね。全く同じ状態で置きますからね」

念押しして、寸分違わず並べていると、後輩が何にも考えずに適当にバスバス置き始めたので

「お前これどこにあったかわかって運んでんのか?」
「う、ぅわ、わかりまてん」
「ストォップ!!ストォォォォォォォォォォォォォォォップ!!!!!!!!!!」

フライングボディープレスで食い止める。

擦った揉んだのあげく、今年は同じ状態に戻すことに成功しました。
みなさんのご協力のおかげです。

夜はマイミクのcoumieさんの会社の忘年会で一席。リクエストで「初天神」。
両国駅前「霧島」のちゃんこまじうまいっす。

12/29(火)
年賀状仕上げ。
108つ小噺稽古。まだ足りない…。

12/30(水)
108つ小噺稽古。まだ足りない…。
らくごカフェにこの日のために買った和太鼓を設置。

12/31(木)
なんとか小噺完成。
「百ハつ小噺カウントダウン」
らくごカフェ

年末の忙しい中、30人の皆様にお越しいただきました。お客様らくごカフェの皆様ありがとうございました。

ブュッフェ形式のため、30人で止めさせていただきました。
10人近くお断りをしてしまい誠に申し訳ありませんでした。

三遊亭時松兄さんと春風亭一左くんが小噺を助けてくれました。
ありがとうございました。

この日のぼくの失敗は、アンケートに「面白かった小噺は何でしたか?」という項目を作ってしまったために、皆さんボールペン片手に審査員みたいになってしまったことです。
も、もっとラフな雰囲気だと思ってたです…。
今年はもっとクォリティーを上げます…。

108つ終了後、リクエストで「初天神」

噺家の符牒「へいじゅう(10)!きわ(9)!やわた(8)!…」でカウントダウン!新年を迎えました!

そのまま新年会に突入!
皆様今年もよろしくお願いします!!

1/1(金)
元旦。
朝一門で師匠宅へ集合。
おせちとお雑煮をいただく。
二ツ目は前座と一緒にお世話係。

師匠宅のお雑煮は具沢山です。
醤油ベースのすまし汁に、餅・小松菜・ほうれん草・にんじん・ごぼう・かまぼこ・油あげ・ゆずが入ります。
お椀に入りきらないので、丼に盛り盛りに盛ります。
丼なのでお餅がたくさん入ります。

「お雑煮のお餅何個ですか?」

前座のやえ馬くんが皆さんに聞いてメモしていきます。
武生師匠が5個、小さん師匠が2個というのを
「武-5」「小-2」
と書くので、競馬の予想みたいです。

昼から新高輪プリンスホテルのニューイヤー演芸会に出演。

鈴々舎馬るこ「初天神」
入船亭扇辰「天狗裁き」
花島世津子「奇術」
三遊亭円丈「悲しみは埼玉へ向けて」

円丈師匠はやっぱり天才です。

1/2(土)
初席は師匠宅へ通い詰め。
師匠が寄席に出かける前に、超特急で銀座へお買い物。おかみさんコアビルの「香十」でお年始を買ってました。
師匠を寄席へ見送ると車がなくなるので、自転車でお使い。
ペットボトルのお茶3ケースをくくりつけて走った時は、新聞屋時代を思い出しました。

1/3(日)
「巣鴨のとげぬき地蔵に初詣に行くから8時に来て」
とおかみさん命令が下されたため、8時に師匠宅。10時開演で「早朝寄席」などとぬかしている落語家にとって、8時は明け方。眠い目をこすってぎりぎりに到着。

最初娘さんが運転してくれましたが、車庫入れ時は馬るこが交代。

昼から師匠と初めて寄席に行きました。

前座さんおはやしさんにお年玉。
く…、も、もっていきやがれ…。

上野鈴本演芸場→浅草東洋館→浅草演芸ホール→半蔵門・国立演芸場

帰ったらクタクタ。

1/4(月)
さすがにうまく理由をつけて休む。
疲れ過ぎて18時間寝てしまいました。
うーん、新記録。

1/5(火)
相変わらず師匠宅→寄席のコース。
柳家花緑師匠に見習いが二人着いて来てました。花緑一門増殖中。

こみち結婚のニュース。
おめでとう!!

そんな毎日です。

|

« こみち結婚であけおめ | トップページ | 一門新年会 »

鈴々舎馬るこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒涛の年末年始でした:

« こみち結婚であけおめ | トップページ | 一門新年会 »