« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

深夜寄席

深夜寄席
深夜寄席
今日は黒門亭昼席の後、深夜寄席へ。

ずいぶん久しぶりの深夜寄席、そして新宿末広亭☆

深夜寄席は毎回特別な空気がお客席にあります。

落語初めての方や落語ファン、色んな方が入り乱れて・・・、205名様!
この空気に通用する古典を目指さなきゃなぁーと思います(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TEN寄席

TEN寄席
今日はらくごカフェにて「TEN寄席」。

打ち上げの帰り、馬るこさんが黄昏てました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法人会

法人会
今日は池袋演芸場昼席の後、本郷の法人会「優法会」総会にて一席。

税金のお話の後、落語へ。
皆さんの前には机があって、会議室で講演を聞くような形☆
最初は皆さん難しいお顔でしたが、私のバカバカしい噺にお付き合いを頂いて、大いに笑って頂きました!
有難いことです(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中目黒落語

中目黒落語
今日というか昨日は、池袋昼席のあと、中目黒落語会へ。
兼好兄さんとご一緒させて頂きました!
美味しいお酒をありがとうございました(^O^)
良い誕生日になりました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬 太田市

群馬 太田市
群馬 太田市
今日は、群馬 太田市にいってまいりましたー。豪華なお食事もいただき、大好きな茶碗蒸しまで付いて嬉しいだわさー。高座は約一時間、居酒屋の宴会場であっつくって汗だくになっちゃったー
帰ったら銭湯行こうっとでもチョット前に太田駅を出たばかり、何時に家に着くのやら…はーッ
あっ黒門亭では皆さん差し入れを有り難うございました。ちょこちょこ食ってまーす。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいりん寄席

かいりん寄席
今日は渋谷かいりん寄席。
さん若さんに来て頂いて、二席おしゃべりいたしました。
最後に誕生日のお祝い(23日なんですが)をして頂いて、ホントに嬉しかったです☆

また、お店の都合上、ご予約のお電話が不通になることがございまして、誠に申し訳ありませんでした(;_;)
お電話を頂いたお客様、深くお詫びを申しあげます。
今後ともよろしくお願い致します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅れて・・・。

遅れて・・・。
バタバタして、なかなか更新できませんでした!

17日は群馬の太田での落語会から、銀座「其処」にて落語会。
美味しいお料理屋さんです。
歌舞伎座が近いこともあり、お客様も歌舞伎が好きな方が多かったです☆

落語初めての方もいらっしゃったので、これからは「歌舞伎の合間に是非落語を!」とお勧めさせて頂きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよならほくりく

三月のダイヤ改正で寝台特急『北陸』が廃止になるらしいです。新幹線のせいで移動が便利にはなりましたが旅の情緒ってものが益々無くなります。
松本清張の小説もそのうち理解できなくなるのでしょう。

寝台特急・北陸

この案内も来月まで。

寝台特急・北陸

子供の頃の憧れだったブルートレインに乗るべく、ただ乗るべく、北陸の指定を押えての北紀行。昭和の香りがまた一つ消えようとしています。

寝台特急・北陸

撮り鉄のお兄様方。

フォーカスはあくまでも北陸ではなく撮り鉄。

寝台特急・北陸

寝台特急はまだ数本残りますが、やはりブルートレインという響きに愛着を覚えるのです。

寝台特急・北陸

金沢行き。北陸新幹線が通れば東京から三時間くらいで結ばれるのでしょうか?そこを夜通し約7時間掛けて走ります。
旅の情緒ですなぁ。

寝台特急・北陸

では、入りますよ。

寝台特急・北陸

寝台車なので寝具一式が貸し出されます。
シーツと毛布と枕と浴衣。
座席があっという間に・・・

寝台特急・北陸

ベットにはや変わり!

ブラボー!

昭和な車内

本当に文化遺産に登録したいくらいですよ。

日本の経済発展を時代と共につぶさに見てきたであろうこの重々しさ、貫禄、最近出てくる軽い車輌なんか目じゃありません。

繋ぎ目の引き扉も決して自分では閉まりません。

お前が開けたんだからお前が閉めろ、のように最近目に付きがちな過保護や過度な機能は一切無いのであります。
昭和の親父を見るかのようです。


昭和な車内

これもね、私が子供の頃は特急に乗ると当たり前のように付いていた設備ですが、ペットボトルが当たり前の時代では過去の産物になっています。
それでもちゃんと機能するのがとてもノスタルジックで嬉しいです。


昭和な車内

給水機の紙コップね。
試しにボタンを押したらちゃんと飲み水が出ました。
ぬるかったけど。


昭和な車内

洗面台。
一応自動で水が出るようになってました。
でも石鹸とうがい用のコップは共用。
一つの物を大事に皆で譲り合って使います。
降りるまでは皆兄弟的な発想。
ここではゆとり教育の個人主義は通用しません。
皆で気を使って互いに譲り合って楽しい旅を作っていくのです。

昭和な車内

外気が車内に入らないように洗面スペースと寝室空間を遮る扉にも優しい心遣いが。
急停車する時があるから気をつけてね!

だって。

昭和な車内

静かな通路。このプライバシーに喧しい世の中にあって仕切りがカーテン一枚。
なんと大らかなんでしょう!近所の人を信用して無いととてもじゃないが落ち着きませんよ。あるいみ日本らしい感じです。

昭和な車内

折角なのでJR浴衣に着替えてみる。

ご満悦☆

昭和なパーツ

室内灯。

スイッチ結構堅いです、そして付くまで若干時間掛かります。

昭和なパーツ

廊下の壁にある取っ手。
手前に倒すと

昭和なパーツ

何と椅子に早変わり!

もたれた姿勢で夜明けの車窓をアンニュイな顔で眺めたい。(妄想)

昭和なパーツ

これまた全く見掛けなくなりました。その昔は東海道線の普通車にも常設されていて当たり憚らずモクモクと煙草をふかすオジサンが居たものですがいつからか世の中禁煙の流れに即して知らぬ間に消えていた灰皿が寝台車にはれっきとした現役で残っておりました。新幹線さえ全車禁煙の方向なのにいまだ堂々と喫煙OKの姿勢はまさに昭和ですなぁ。

昭和なパーツ

そしてこれ。テーブルの真ん中に立て掛けてある一本の金属の棒。

何か食べようにも邪魔で仕方がありません。
ところが

昭和なパーツ

横に引っ張り出すと

昭和なパーツ

ほら、梯子に早変わり!

これが無いと上のベットの人は登れない事になってます。

でも、更に何かを食べ難い形にはなりますね。

昭和なパーツ

あーー!

分かりますか?テーブルの下に付いてる栓抜き。

飲み物はビンが当たり前の時代の産物。
どっかでビンの飲み物買えば良かったーー・・・
と思っても後の祭りでありました。

金沢

今回の旅の第一の目的はですねぇ、この寝台特急に乗る事だったので、早朝の6:30頃に終着駅の金沢に着いてしまうと、もう、何も、やる事が、無くなってしまうのです・・・。・・・困ったなぁ。

金沢

数分遅れで後を追っかけてきたこちらもこの春で廃止が決定の上野発の夜行急行『能登』。車輌は駒次さんと乗ったあのボンネット型の489系。こちらも負けずに撮り鉄のお兄さんに人気です。
それにしてもこの早朝から写真の為にこの活動力は脱帽です。


金沢

あーーーあああかあーなざわわーーー

かーーーなーーーざーーーーわーーああーーわーーーーーーーーーーー

金沢

歌いたくなります。加賀の女。

記念にきっぷ貰いました。

金沢

思い出も集めております。

金沢

金沢、地方都市ですが品があると言うかどこか洒脱で雰囲気とても好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時松、北陸の城を巡る

七尾城

中々北陸に足を伸ばす事も無いので、この機会に最近滞っていた日本百名城のスタンプを稼ぐ事にしまして、早朝に着いた強みで能登半島は七尾城址へと向かいます。

七尾城、戦国時代の山城で上杉謙信も攻めあぐねた堅城であります。
山城なので麓から歩いて山頂まで1時間以上掛かるそうです。しかも天気は雪。そんなに命知らずな事も出来ないのでスタンプだけ押して後は大人しくする事にしました。

七尾城

資料館はお休みでしたがスタンプは押せました。
暖かい季節に是非登って山城を実感したいです。
登った所で多分これと言って何も無いとは思いますが・・・。

七尾城

もうここまで来ると城見物と言うより登山ですよ、登山!
そうこの画が物語っています。

金沢城

返す刀で金沢城へ。言わずと知れた加賀百万石の本拠地。
前田利家公がお出迎え。

金沢城

今修復作業の真っ最中なのですね。
随分と整備を進めておりました。

金沢城

規模は大きいですがそれ程当時の建物は残っておりません。面影のみ。

金沢城

石川門

金沢城

天守閣やら櫓に飽きて、行き着くところは石垣ですよ。
昔の建築技術に惚れ惚れします。重機も無い時代に良くもまああれ程の石を奇麗に積み上げたものだと。それが未だに姿を保っているのも素晴らしい!

金沢城

櫓も立派なんですけどね

金沢城

確かに立派なんですけど

金沢城

城壁の外側にある三段に詰まれた石垣の遺構に興味津々。
次回はもっと傍でしげしげ眺めて回りたい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜会

火曜会
今日の兄さん達(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火曜会

今日はらくごカフェ火曜会☆
喬之進兄さんと朝也兄さんが飛び入りして下さいました!
私が一席。
朝太兄さんが二席。
今日は・・・、お客様にのまれちゃったかなぁー。
まだまだ力が足りません!
精進、精進!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州料理

九州料理
今日は九州料理のお店へ。
豚肉と温野菜や、きびなごが絶品!
沢山食べ過ぎて、最後、写真の五臓鉄板焼の頃はお腹が一杯に(;_;)

全部美味しい料理でした☆
新宿、靖国通り沿いのお店です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形

山形
昨日は、朝から山形へ。最寄りの駅で電車を待っていたのですが、新幹線の時間を確認しようとチケットを出そうとしたら見当たらない、「アヒーッ」駅と家の往復を走ったら今日は太ももが筋肉痛です。まにあって良かっただわさー。帰りはなんとグリーン車、すっかり寝てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幕絵

幕絵
今日は、甲府にて「柳家小菊の世界」。
幕絵コンテストの表彰式後、演芸に。
粋曲の小菊師匠がたっぷり二席。私も前座と間に挟まって二席申しあげました☆
写真の高座上にあるのが幕絵で、甲府に古くから伝わるものだそうです。
色々な図柄の幕絵を商店などの軒先に張り出すという、賑やかな風習です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日中

一日中
今日は、朝から池袋演芸場にて「福袋」のお手伝い。
その後、池袋から東武東上線に乗って、「若葉」まで。
鶴ヶ島落語会。

終演後、打ち上げに出たい気持ちを押さえて、浅草「文七」へ。
写真は「文七」の高座です。
喫茶とお酒、美味しいお食事のお店。
雰囲気抜群の高座も備え付け☆
今から、銀座線に乗って帰ります。
・・・、草臥れたー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覗き

覗き
今日は世田谷233にて、落語ナイト。
雨のなか、ありがとうございました☆

「長屋の花見」をネタおろし。
ほのぼのして良い噺なんですけど、難しいですねぇ。

ちらっと楽屋を覗くと、喬之進兄さんが逃げる支度してました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

打ち合わせ

打ち合わせ
今日は落語協会の二階にて、夏の「TEN」について、打ち合わせ☆
7月18日19日、らくごカフェにて会を催します!
色んな企画を考えてみます。
馬るこは真剣だなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜
歌舞伎座の緞帳には桜が満開!

まだ梅の時期ですが、桜が待ち遠しいですねー。

梅に失礼ですね・・・。
梅も待ち遠しいー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二月大歌舞伎

二月大歌舞伎

初めはどんだけサヨナラするんだよ!と思っていた歌舞伎座さよなら公演も気が付けば残す所後三月を切りましていよいよさよならムードも高まって参りました。今月は十七代目勘三郎追善興行ということで、当代勘三郎さんが粉骨砕身で頑張っております。チケットもほぼ売り切れと言う事で寒い最中気合で幕見で座るべく大分早くに並んでみました。でもやっぱり冬は辛いですなぁ。

二月大歌舞伎

このバリアハードな階段も

二月大歌舞伎

もう直ぐ無くなってしまうかと思うとやや感慨深いです。四階まで息を切らして駆け上がったのも思い出話になることでしょう。

二月大歌舞伎

私は一階で見るより遠くから見るのが好きです。ご招待されて下で見た事もあったのですが、どうもね、顔のね、骨格がね、男なのですよ。奇麗と言われる女形でも。なのでこのビューポイントがマイベスト。

二月大歌舞伎

この景色ももう直ぐ見納め。

二月大歌舞伎

夜の部 『籠釣瓶』 じっくりと堪能して参りました。

二月大歌舞伎

カウントダウンも二桁に突入。皆さん、歌舞伎座行くなら今の内ですヨ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビール大好き小川クン

今首都圏のドアの上の液晶画面の広告で・・・

*******************

ビール大好き20代会社員の小川君が

一週間で使う仲間との飲み代は

4人で約24000円

週一ペースで年50回とすると

一年間で¥1,200,000

○○カードで会計すれば

溜まるマイルでビールの本場ドイツへ行ける計算

結論、飲み会で未来の自分が空を飛ぶ・・・

*******************

このご時世に羨ましいぞ、ビール大好き20代会社員の小川クン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレシャス

今日発売「プレシャス」という女性誌(?)の坂上みきさんのコラムに、菊六の記事を載せて頂きました!

去年、らくごカフェに聴きに来て下さって、お話させて頂きました。

是非、読んでみて下さいませ(^O^)
私は恥ずかしいから、購入しませんでした・・・、だから写真はなしです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜お笑いライブ→これから深夜寄席

横浜お笑いライブ→これから深夜寄席
横浜ライブハウス「ブルージェイ」でライブがありました。

黒沢明さんが前説ってどんなライブだよ!

稲川淳二さんのモノマネのBBゴローさん、去年の夏は稼いでたのに
冬になって仕事が激減したそうです。
季節のもんですからねー。

あったかいお客様でした。

チラシが鈴々風馬るこになっていました。

れーれーふー☆

今から新宿末広亭深夜寄席です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にぎわい座

にぎわい座
にぎわい座
昨日は、にぎわい座で一門会。楽屋の喬之助兄さんは超リラックス、あたしの写真は、喬之助兄さんに撮って頂きましたーしかし今月は二回も雪がふっちゃって、早く暖かくならないかなぁークロダイ君に挨拶したいのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さっき見た夢の話

さっき変な夢を見たので、その夢の話です。

既報通り、今年中に落語協会会長が師匠の鈴々舎馬風から柳家小三治師匠に代わります。

そして楽屋でまことしやかにささやかれているのが
「前座5年説」です。
ぼくは年に10日くらいしか寄席に出演しないのでよくは知りませんが、
あまりにも前座の質が低下しているために、
次期会長はじめ理事たちが、現在3年の前座期間を5年に伸ばすと早々に宣言しているそうです。

そして先日の理事会で「30歳以上の入門は許可しない」との決定が出されましたが、
どうやらこれが宣戦布告らしいのです。

これは恐ろしいですよ。今でさえ、前座になるまで見習いが最低半年あるわけです。
これは入門からではなく、落語協会に履歴書が提出されて、○○門下見習い××と承認された時点から
のカウントです。
ということは、入門をお願いする期間も入れると、二ツ目になるまで都合6年かかるということです。
22歳で入門しても28歳になってしまうんです。
入門時ゼロ歳の子供がいたら、二ツ目になるころには小学校に入学しているわけです。
恐ろしい。

実は見習い最低半年というのも最近できた制度で、
以前は師匠の判断でばらばらに入れていたわけです。

それでも最近質の低下が目に余るというので、最低半年が義務付けられました。

そこからまだひどいから前座期間を延ばすということは、
見習い期間を延ばしても効果が見込まれなったということではないでしょうか。

原因は師匠方一人一人のスタンスの違いにあります。
「うちでみっちり仕込んでから寄席に出す」タイプの師匠と
「とっとと前座になって楽屋で覚えろ」タイプの師匠がいます。
ぼくの師匠は後者のタイプでした。もちろんぼくは楽屋で一生懸命仕事を覚える努力をしましたよ。ある程度。
でもこんなに問題になるというのは、後者のタイプのお弟子さんで、
楽屋であまり仕事を覚えようとしないで楽を覚えちゃう前座さんが増えてきたのではないかと想像しています。

だったら、前座期間を延ばしてもあまり意味がないように思われます。
もともとそういう前座さんの師匠は「うちでみっちり仕込む」タイプではないからです。

ではどうすればいいか。

ぼくは強制収容所のようなところを作ればいいと思います。

もうそこは朝から晩まで着物をたたまされ、太鼓の稽古をさせられ、
ちょっとしたことで怒号が飛び交い、食事は貧しく、風呂は週2回しか入れない。
夜は毎日落語全集を50ページ暗記しないと寝かせてもらえない。
そこには虎の仮面を被って竹刀を握り締めた馬るこが、生けにえを今か今かと待ち構えている。

そのような施設を作り、ちょっとでも態度が悪いと

「おまえ強制収容所送りな」

「師匠、それだけは勘弁してください」

「だめだ、もう決まったことだ」

「師匠ーーーーー!」

というやりとりをすればいいと思います。

強制収容所から帰ってきた前座は、いつも笑顔ではきはきして、
「わたくしの今日があるのは、すべて師匠のおかげです!!」
と、模範的な前座さんになること請け合いです。

いかがですか?
強制収容所初代教官には私がなりますよ。
月給は応相談ということで。

イメージとしては初代タイガーマスク・佐山聡のシューティング合宿。
(心臓の弱い人は絶対に動画を検索しないでください)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私立校ですから

私立校ですから
北区・武蔵野中学にて今年度最後の授業&落語をやってきました!

トイレに私立校の逡巡が垣間見えました。

何年かやってきてなんとなくカリキュラムができてきましたね。

1回目
【落語ってなあに?】
「落語」の説明。
想像力でおそばが見えてくる。

2回目
【前座修業】
・礼儀、挨拶を仕込まれる期間。繰り返して言ってみよう「お先に勉強させていただきます」
・稽古風景、公開ダメ出し

3回目
【言葉遊び】
・早口言葉、回文など
・言えるかな?「寿限無」

4回目
【落語的発想力】
・謎かけ、数しりとり、やりくり川柳に挑戦

・着物を着てみよう
・落語以外の伝統芸能 南京玉すだれ等

この他にもちろん落語、余興等が入ります。

営業なら稼げる内容です。
和室なのでお座敷遊びといえなくもないです。
中学生にはぜいたくな授業です。

素直な子供たちでやりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四の日寄席

四の日寄席
今日は庚申塚にて、四の日寄席!
トリを務めさせて頂きました!

会場前にてのご案内役だったので、すっかり体が冷えました(;_;)
今日も寒かったですねー。

でも、会場内は熱気でいっぱいでした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軍曹ロケ

軍曹ロケ
軍曹ロケ
軍曹ロケ
インターネットTV「MOPAL」で馬るこがMCを務めるキャットファイト番組「猫(にゃんこ)のまんま」

http://mopal.jp/ch/manma/

前回から始まった馬るこ扮する鬼軍曹の特訓ロケ。

今回の餌食は戦うカメラマン・シャッターチャンスわかさん。

西口プロレスの若手興行、西口DOORでもファイトしています。

仕事中にお邪魔しました。

強くなれ
強くなれ
強くなりたきゃ肉を食え

強靭な肉体を作るためにキャットファイターに肉を食べさせるというだけの企画です。

買い出しに行くと節分だったので鬼がやさぐれてました。

2月9日(火)にくの日
20時より生配信!

スタジオ観覧は写真撮影自由&プレゼント&アフタートーク←前回盛り上がりました。

1500円
@新宿ぱっぷるスタジオ

観覧希望の方はぼくにメッセージください。

前回アフタートーク。
キャットファイターたちのカラオケで男に歌われたらひくランキング第1位に
三●道山「ライ●タイムリスぺクト」
が選ばれました。

この歌「一生一緒にい●くれや」を、マンツーマンで力一杯歌われると、かなりうっとおしいそうです。

嫌がらせのように歌ってやりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いーふろん亭再開・存続のためのお願い

いーふろん亭のCM動画撮影に行ってきました。

このCMは、いーふろん亭の動画サイトで流します。

いーふろん亭は今後、ポッドキャストと動画の両輪で進めて行くそうです。
しかし、イーフロンティアの広告料で制作をするので、イーフロンティアの製品が売れないと中止になってしまいます。

2chを作ったひろゆきさんが、水道橋博士さんの番組で、ニコニコ動画が赤字の件についてわかりやすい例えで話していました。

ニコニコ動画はお客様へのサービスのために基本無料にしているが、収益はプレミアム(有料)会員であげなければいけない。
つまり1杯目無料のビールを出す居酒屋みたいなものだ。

全員が1杯だけ飲んで帰るとつぶれてしまう。

お客様のためには、1杯目無料は続けていきたいが、続けていくためには
一人でも多くの人が理解を示してお金を払ってくれないと続けられない。

なるほどなと思いました。

ポッドキャスト落語というメディアを自腹で持つのは維持費がかかります(主にサーバー代。入場料を多少上げたところで焼け石に水)。

お金を出してくれとはいいません。
(出してくれるのが一番ありがたいですが)

例えばいーふろん亭の落語をダウンロードしたら、ご自身のブログに

「いーふろん亭で落語をダウンロードしました。おもしろかったです。イーフロンティアさんありがとう」

と一言書いていただけるだけで宣伝になります。

ダウンロードした落語を聞いたら、なるべくサイトのコメント欄にコメントを書き込んでください。

「山口県の42歳男です!いつも通勤時聞いてます!!」

このようなコメントが増えると、例えば缶コーヒーなどの広告が取りやすくなります。

繰り返しになりますが、イーフロンティアさんが収支的に意味がないと判断したら、簡単に終わってしまいます。

ぼくは続いていく限り、全面的に協力させていただきます。

皆様も、ただダウンロードするだけでも問題はないのですが、ぜひ少しでもアクションを起こしていただいて、存続へのご協力をよろしくお願い申しあげますm(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

足跡

足跡
私とゴロゴロの足跡です☆
早く帰ろっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪
最近、1週間ぐらいずっと体調がすぐれません。
喉は何とか大丈夫で、お酒も美味しく頂けるんですが・・・。
今日は麟太郎兄さんとの二人会。
踏ん張って二席おしゃべりいたしました。外も雪なので、早く帰って寝ます☆
皆様もお風邪にはくれぐれも、お気をつけて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜わか馬会→若手落語家グランプリ予選

横浜わか馬会→若手落語家グランプリ予選
1月30日
「横浜わか馬会」
に出演させていただきました。

横浜にぎわい座400席がSold out!兄さんすげー。

柳家いっぽん「道灌」
鈴々舎馬るこ「東北の宿」
鈴々舎わか馬「夜鷹の野ざらし」
ミステリー作家が後半を改作した台本みたいです。
仲入り
アサダ二世「奇術」
鈴々舎わか馬「大工調べ」

アサダ先生というのは大変お客様を盛り上げるのを得意とされてる方なのですが、長い時間やるのがあまり好まれない方なんです。

いつもの軽妙なトークと手品で盛り上がり、ああ、トリにきれいに繋がるなあ、さすがだなあと思って見ていたら、
おそらくではございますが

「今日はさすがに少し長めにやらなきゃまずいかな」

というのが頭をよぎったんだと思います。
手品の道具をもう一つ残していたので、もう一ネタやるつもりではいたんだと思います。
で、もう一つのネタの時間はだいたいわかっているので、2〜3分しゃべりで繋がなきゃな、何しゃべろうかな、と一瞬で色々考えたんだと思うんです。
結局、手品で金魚を使うと金魚が死ぬという残酷な現実を話した後、もう一ネタ手品をやって終了(だから私は使わないんですよと言ってましたよ)。
わか馬兄さんが高座に上がったところで、若手落語家グランプリの予選のため御徒町落語協会2階へ。

結果は予選通過しました。
5月5日
水天宮・ロイヤルパークホテルで決勝戦をやりますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬の夜

群馬の夜
1月27日
時松兄さんのお仕事で前橋医師会の新年会に行かせていただきました。

馬るこ「東北の宿」「お題噺」
時松「ふぐ鍋」

をやった後DVD販売。
皆様ありがとうございました。

高崎に一泊。
お客様に誘われて、この時期しか飲めない「生きている日本酒」をごちそうになりました。

麹がまだ糖分を分解している途中なので、白く濁っていて、どんどん炭酸ガスを発生させています。

気をつけて栓を開けないと、シャンパンのようにぶっしゃーと出てしまうそうです。

2軒目に行った、やたら濃い顔したマスターがやってるバーは、我々が来る前に、気をつけながら1升瓶を開けたのに2合半壁にぶちまけたそうです。

もうちょっと早く来てれば壁を吸ったんですが。

相当飲んだんですが、二日酔いにはなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アバター3D眼鏡on眼鏡

アバター3D眼鏡on眼鏡
2010年1月
アバター3Dを見に行きました。

映画自体は面白く、もう一度見てみたいのですが
3時間近くあるんですよ。

それで3D眼鏡on眼鏡で、マイ眼鏡がセルフレームのため、耳と鼻の付け根が痛くなってきたので
途中からずーっと中指で眼鏡の真ん中をちょい上げ気味で見てました。
もしアメリカのプレス紙が取材に来てたら、ぼくが1時間50分くらいずーっとジェームズ・キャメロン監督に"F××K YOU”をしているように見えたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お客さんいないね

お客さんいないね
2009年11月
生涯初のお客様ゼロを経験した大須演芸場。

不安げに入り口を見つめる横山ともやさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み聞かせ屋

読み聞かせ屋
2009年10月
下北沢で待ち合わせをしていたら

「遅れるので読み聞かせ屋に本でも読んでもらっててください」

というメールがきた。

いい機会だ。読み聞かせともらおうじゃねえか。

下北沢の駅を下りると必ずいる、ラーメンズの片桐仁みたいな風貌の人。

「一冊お願いします」

「どれがいいですか?」

100冊くらいある漫画の中から「ジョジョの奇妙な冒険」第3部
ジョジョvsDIO
シリーズ中でも最高の対決との呼び声が高い戦いをリクエスト。

やっぱりただもんじゃないこの人。

ドーン!

て時は漫画本がドーン!て近付いて、

後ろからぐいぃって引っ張られる時は、馬るこの肩を後ろからぐいぃって引っ張って

オラオラ無駄無駄なときは漫画本もオラオラ無駄無駄と動くんですよ。

説明が下手ですみません。
行けば必ず知ってる漫画が一冊はあると思いますので読んでもらってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホントに怖かった

ホントに怖かった
今や流すだけで確実に爆笑が取れてしまう鉄板映像ネタ

「馬るこvsデート商法」

ハードディスクを落として映像ファイルが壊れてしまいましたが(ノ_・。)
やりとりの字幕と音声は残っています。

【あらすじ】
ある日馬るこのケータイに知らない女性から電話がかかってきた。

「おめでとうございます!宝石が当たりました。田原町まで取りに来てください。
その時に商品説明も聞いてくれると嬉しいな☆」

ははーん、これが世に言う「デート商法」か。
ホイホイついて行った男の恋愛感情を利用して高額な商品を契約させる商売。

しかも完全に個人情報が流れとる。

まあでもそんなあまり人様に胸を張れないような仕事をしていつさぞかしお疲れでしょう。

馬るこの落語を聞いて癒されてくださいな。

ということで派手な着物でビデオで撮りながら待ち合わせ場所に行くと、
テレビの取材と勘違いされ、

アイスコーヒーの代わりに怖いお兄さんが出てきました。

怖いお兄さんが
「今撮影した物を目の前で消せ」
と言い続けるのをかいくぐり、
「まあそんなことより落語を一席聞いていただいて」
「落語はどうでもいいから消せ」
という平行線のやりとりが延々続きます。

正直に言います。怖かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミーハー写真

ミーハー写真
左から、柳家わさび、桂吉坊、月亭方正(山崎邦正)、鈴々舎馬るこ

2009年9月らくごカフェ「月亭方正十番勝負」にて。

どうもこれから本気で落語に取り組んでいくようです。

数日後の「ごっつぁん亭」にはなんと二丁拳銃の小堀さんがゲスト出演!!
思わずほろっとくる自作の新作落語を披露してくださいました!!

わさび君は「月刊少年ワサビ」にぼくが乱入した折り、ギャラをもらってしまったので、「ごっつぁん亭」ゲスト。これで貸し借り無し。

吉坊兄さんは東京で仕事のためたまたま遊びにきてました。
米朝師匠のお話を色々伺いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大日本プロレス

大日本プロレス
2009年7月
歌橘兄さんにチケットいただいた大日本プロレス観戦。

兄さん、また誘ってください。

蛍光灯でしばき合うデスマッチプロレスです。

副業で引越し屋もやっています。レスラーたちが引越しのお手伝い。
不要になった蛍光灯は試合で再利用。

まさしくエコなプロレス団体と言っても過言ではないと思います。

MOTTAINAI!!

写真はアブドーラ小林vs葛西純
蛍光灯&有刺鉄線&剣山デスマッチ。

リングの外に落ちた剣山を拾って、記念にポケットに入れといたら、太ももを怪我しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節操ナイネ!

節操ナイネ!
2009年8月
衆議院選挙で民主党が大勝し、政権交代が行われました。

その選挙期間中のうちの近所のアパートの塀。

頼まれると断れないのか?

貼ればいいってもんじゃないと思いますよ。ぼくは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッスルハッスル

ハッスルハッスル
2009年7月
ハッスル両国大会

トーゴーさんにチケットいただき、天どん兄さんやデスペラードのサラミくんらと行きました。

ハッスルつぶれちゃいましたね。

ガラガラだったんでなんとなくそんな気はしてました。

レイザーラモンは失職に近い状態なんですかねー?怪我してましたしねー。

今思えば、この前の年の大晦日、泰葉さん参戦がピークだったのかも。

今「猫のまんま」でやっている鬼軍曹のキャラは完全に高田総統を参考にしています(^_^;)

エンタメプロレスは大好きなので、新団体はおおいに楽しみしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごっつぁん亭×石井ユージ

ごっつぁん亭×石井ユージ
2009年7月
「ごっつぁん亭」

池袋の路上で歌ってた姿にぐっときたので出演していただきました。

オレのオレが始まるぜ!!

石井ユージさん。

熱のこもったステージをありがとうございました!!

右はらくごカフェオーナー青木さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たま」のランニング

「たま」のランニング
「たま」
を覚えていますか?

90年に「さよなら人類」で紅白に出たイカ天出身の異色バンドです。

「さよなら人類」がけっこう売れて紅白にも出場して

「オレたち売れてきたな」

という時に、うちの地元山口のデパートの屋上のイベントか何かで
お客さんが3人だった時は、楽屋でだいぶ落ち込んでいたらしいです。
(当時のバイト談。でも都市部での人気は半端なかった)

ぼくは好きだったので、アルバム3枚持ってます。

実は自分の作った歌は自分で歌うというシステムの、珍しい全員ボーカルです。

「さよなら人類」を歌ったのは柳原さんで、ちびまる子を歌ったのが知久さんです。

中でも異彩を放っていたのが「たまのランニング」こと石川浩司さん。
裸の大将を思わせる坊主頭・短パン・ランニングで太鼓を叩く姿は、日本中の子供に強烈なトラウマを植え付けました。

2009年6月
五反田CPEスペースでの音楽ライブにて。
石川さんのソロステージ。

みんなが思ったのが
「ランニングじゃねーじゃん!!」
ってこと。

じつはこれには深いわけがあります。

「たま」解散時にランニングを山口百恵方式でステージに置いて帰ってきたそうです。

それ以来封印しているのだとか。

このあとぼくが飛び入りて「おやすみいのしし」を歌わせていただきました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春風亭ぽっぽちゃん②

春風亭ぽっぽちゃん②
もう一枚。
バランスボールに乗るぽっぽちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春風亭ぽっぽちゃん①

春風亭ぽっぽちゃん①
2009年7月
curvs淵野辺店にて。
スイカのアイスを食べる春風亭ぽっぽちゃん。

楽屋のアイドル、春風亭ぽっぽちゃんです。

楽屋内の恋愛はご法度なんですが、彼女の魅力にあてられた前座さんが数人おかしくなりまして
彼女を巡って喧嘩したりなんかしました。

落語家になろうなんという男は9割くらい草食男子なので、喧嘩の理由も

「昨日ぽっぽちゃんと一緒に帰っただろ!」

という、小学生みたいな他愛のないものが多いです。

ぽっぽちゃん争奪戦に参加していたうちの一人は、ぽっぽちゃんが振り向いてくれないし振り向く気もないということを聞いていた周りの人間の「あきらめた方がいいよ」的なアドバイスがなんとなく通じたらしく、
今ではぽっぽちゃんへの片思いはあきらめ、今は中野のメイドバーのメイドさんに片思いをしているそうです。

うまくいくといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都から一転

京都から一転
朝、京都から東京に戻ってきて、そのまま下高井戸「あさがお寄席」に。
大入り満員で、すごい熱気でした。

夜は洗足池テラスジュレにて落語会。
小袁治師匠とご一緒させて頂きました!
毎年この時期に催される、イタリアンレストランでの落語。終演後のお食事も最高でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »